皮膚科と美容皮膚科の違いとは?目的によって使い分けよう

皮膚科選びで優先することを確認しましょう

保険診療と自費診療

自費診療

プロペシアと呼ばれる男性型脱毛症に効く治療は、自費になります。他の脱毛症治療は、保険診療になります。他にもお肌を若くするために行うプラセンタ注射や、疲労回復のできるにんにく注射は、自費診療になっています。

保険診療

湿疹や皮膚炎は放っておくと生活が不自由になってしまします。なので、皮膚科で診療する場合は、保険が適用されます。他にも患者が多いのは脱毛症があります。治療は飲み薬によって行うことも出来ます。

皮膚科選びで優先するポイント

no.1

1.診察内容

皮膚科で処方される薬には、とても強いステロイドや軟膏、液体などがありますが適切処方をしてくれないとそもそも治りません。使用方法を間違えてしまうと症状がよくなるまでの期間が長くなってしまいます。ひどい場合には悪化してしまうので、診察内容をよく確認しましょう。

no.2

2.皮膚専門医院・クリニックを利用する

総合病院で診察を行うことも可能ですが、専門医院の方が少し安く診察を受けることが出来ます。また、専門的な知識も豊富なことがあります。医院内に皮膚科専門医の証である認定証が飾られているクリニックは特におすすめです。

no.3

3.肌ケアに関するアドバイスをしてくれる

皮膚科は皮膚に関するトラブル主に診ています。症状になった原因から改善策までをアドバイスしてくれる場合は、治るまでの期間がかなり変わってきます。原因を突き止めて適切な治療方法を選んでくれる医師がいると望ましいです。

no.4

4.患者数の多さ

普段から利用者が多いということは、医師の腕が確かという証拠になります。通りかかるたびに人がたくさんいるクリニックは、信頼してもいいでしょう。ただ、患者さんの年齢が偏っている場合は、あまり利用してない方がいいでしょう。

no.5

5.お家から近いか

継続的に通う必要があるため、交通の便やお家からの近さは大切になります。どんない評判や診察内容がいいクリニックでも通院に何時間もかかってしまうのはあまりよくありません。不便と感じない程度の距離で選びましょう。

皮膚科と美容皮膚科の違いとは?目的によって使い分けよう

病院

美容皮膚科との違い

皮膚科の中には、美容皮膚科という病院があります。美容皮膚科は、名前にもある通り美容に特化している皮膚科のことです。普通の皮膚科は、保険診療が可能になっていますが、美容皮膚科は保険診療の対象外であることが多いです。なので、目的により使い分けることが可能です。横浜にはどちらの皮膚科も多くあります。

目的による使い分け

皮膚の疾患を治すことだけが目的であれば、通常の皮膚科を利用しましょう。メリットとしては、費用を抑えることが出来ます。美容皮膚科は治療効果にプラスして、美肌ケアを行うことが可能になります。ですが、保険診療可能な皮膚科に比べて費用が掛かってしまうので財布との相談が必要です。

受診の流れ

皮膚科も他の病院やクリニックと大まかな流れは同じです。初診の場合は、保険証などを提示して初診であること伝えます。そしたら問診票を渡されるので記入していきます。記入し終わったら受付の方に渡して呼ばれるまで待つだけです。名前が呼ばれたら診察をしてもらうという流れになっています。